2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'11.04 (Thu)

ハイポニカと自作装置の違い

11月2日の記事で、
ミニトマト「ネネ」の種を、
ハイポニカ601と自作のエアポンプを使った装置とで、
比較しながら育てているが、
どうしてこれほどの成長差が出たのだろうと書きました。

101102ネネ&プクプク

左がハイポニカ601のトマト、
イチゴをはさんで右が自作装置のトマトです。
同じ日に同じ種を蒔いたものです。

最初は自作トマトがリードしていました。
今ではご覧のとおり、5倍以上の差があると思います。

葉っぱさんから、「酸素量の違いでしょうか 」
というご意見をいただきました。

理由がさっぱり分からなくて困ったので、
ごきげん野菜の店長さんに聞いてみました。

いつものように、すぐに回答をいただきました。
以下が内容です。

http://q-and-a.gokigen-yasai.com/?eid=16
流れがあるかないかが重要なんです。
たいしたことと思わないと思いますが、これが大きな問題。
他にも細かい違いはありますが一番の違いはこの流れです。

ということで、水の流れなんですね。

明日から2日間旅行で、
ブログの更新が出来ないため、今夜書いておきます。

関連記事
スポンサーサイト
20:04  |  ミニトマト 2年目のネネ  |  TB(0)  |  コメントどうぞ(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

あ、私が書きたかったのも、それ、流れなんです
流れがあることでどっぷりつかっていないから、酸素の吸収できる量が違うんじゃないかと・・・

水中どっぷりは、いくらブクブク入れても、限界があるなぁって思います
根が張るところはたっぷりあるんですけどね・・・
葉っぱ | 2010年11月06日(土) 00:52 | URL | コメント編集

★難しいですが

水耕栽培を続けるなら、
こういった問題は避けて通れないと思います。

独りよがりにならず、
比較のデータ収集を続けていきたいです。

これからもよろしくお願いします。
辰人 | 2010年11月06日(土) 19:27 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kenkou831.blog29.fc2.com/tb.php/236-f0721d95

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。